加齢臭を消す方法を2つのアプローチから考える!

 

年を重ねると共に気になり始める加齢臭は、本人のみならず周囲の人も消したいと願う不快な臭いです。

 

しかし消臭剤やサプリなど表面から臭いを消すだけの対応はイタチゴッコになりがちだということは、ご存知ですか?

 

効果的に加齢臭を消す方法をご紹介します。

 

外側からのアプローチ

 

加齢臭は皮膚や毛穴に残る古い皮脂が空気に晒されて酸化することによって発生します。

 

そのため身体を洗う、消臭剤を使う、といった外的な方法も有効なのです。ボディウォッシュの方法は良く泡立てたフォームで撫でるように洗うのが基本となります。

 

毎日1回決めた時間に洗う習慣を身につけるだけでも肌のターンオーバーが整い皮脂の過剰分泌は落ち着きます。就寝中の皮脂から臭う場合は消臭剤やコロンなどで対応しても良いでしょう。

 

加齢臭を消すことに特化した製品は多数出ていますので、体質に合うものを探してみてください。

 

内側からのアプローチ

 

身体の外側が臭うからと言って、体内環境はおざなりにして良いというものではありません。

 

肉や揚げ物、タバコやコーヒーなど現代的な食べ物や飲み物と加齢臭の関係性はいま、とても注目されています。皮脂の分泌を促す作用や、体内での酸化減少を促進する活性酵素が確認されているためです。

 

煮る、茹でる、蒸すといったヘルシーな調理法の食べ物を増やしたり、洋食よりも和食を意識して採るようにするだけでかなりの効果があります。

 

可能であれば抗酸化作用のある食材をセレクトするなどの方法もありますが、無理のない範囲で少しずつ取り入れるのがベターでしょう。
食事から栄養素を補うのが難しい場合にはサプリメントを活用していくのも、良いですね。

 

加齢臭を消すためには、ご紹介したように身体の内外からのアプローチが欠かせません。

 

どちらもバランスよく活用していくことで、より効果を発揮しやすくモチベーションも保てることでしょう。本人の意思や周囲の協力が欠かせないことばかりですので、負担にならない程度に続けてみましょう。